オーガニックとは

MENU

オーガニックとは?

スキンケア使い方と効果アンチエイジングオーガニック

オーガニックとはオーガニックとは有機栽培の意味。化学合成農薬や化学肥料に頼らずに有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のこと。

 

 

オーガニックの化粧品とは

 

オーガニック化粧品というのは、“有機化粧品”のことを意味します。
これは、肌の刺激となるような化学合成農薬や化学肥料を一切使用しないで作られているものののことです。

 

最近では、自然由来化粧品や天然化粧品といったものもよく見かけますが、これらはオーガニックではないことが多いのでよくチェックしてから購入するようにしましょう。自然派、天然由来成分などの化粧品は、天然成分が入っているという意味で、添加物を含んでいないという意味ではないのです。

  • 3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
  • 化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
  • 遺伝子組み換え原材料は使用しない
  • 放射線照射はしない
  • 合成添加物の使用制限

 

 

日本では認定機関の認定を受けた農家だけが生産したオーガニックの農産物にはオーガニック(有機栽培)JASマークがつけられています。これによって一目でオーガニック農産物であるかどうかを見分けられるようになっています。また、オーガニックには次のような基準が定められています。 現在は世界中が、自然の循環システムを守り化学物質による自然環境への負荷をできる限り軽くするという事に着目しています。

 

そのため、オーガニックを暮らしに取り入れる人々が増えその思考が世界中で拡大してきているのです。

 

日本の化粧品のオーガニック認定事情

日本では食品などの場合は、農林水産省において有機JAS認定をされないと「オーガニック」ということはできない仕組みになっていますが、実は化粧品においては、日本ではオーガニックの認証を行う機関がまだないのです。
そのため法律での制限されておらず罰則なども現在では特にありません。そのためブランドが独自の判断でこの商品はオーガニックですだと言えてしまうのが現在の日本のオーガニック化粧品の実情です。

 

 

オーガニックの選び方

そんな日本でのおすすめのオーガニック化粧品の選び方としては、有名な企業(大手)がしっかりとオーガニック化粧品として認定をした商品やブランドを選ぶことが大事。

 

 

商品にマークがあるか確認する

スキンケア効果オーガニック
オーガニック認定された商品には、パッケージや商品にその認定を行った団体のマークを掲載する事ができるようになります。そのため、掲載されていないものは商品としてオーガニックの認定を受けていない可能性が高いのでこのようなマークが入っているかどうかチェックしてみましょう。

 

ネットなら認定書をチェックする

インターネットなどのオンラインショッピングではパッケージを確認できませんので、そのlサイトのネット情報をチェックして、オーガニック認定を受けていれば認定した組織が発行した認定書を公表して売りにしている場合がほとんどなのでこの認定書があるかどうか確認してみましょう。認定書には、認定を受けた「ブランド名」「商品名」「認定した組織名」が明記されているはずです。