ホホバオイル 効果

MENU

ホホバオイルのアトピーへの効果

アトピーの症状を改善する上で重要なことは不規則な生活やストレス、症状の出ないような食生活や不潔な住環境を避け
十分な睡眠時間を確保することです。その上でご自身のアトピーの肌に合った効果的なスキンケアを行い
免疫力や肌が本来持っているバリア機能力を高めることにより
アトピーの影響は最小限していく事が可能です。

 

 

 

アトピー

スキンケア使い方と効果アトピー

アトピー性皮膚炎)体質の方は一般に肌が非常に弱く
生まれつきの体質で、発祥してしまう人も多く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったり、化粧品や塗り薬野菜不足などで発症してしまう人も多いのが現状です。アトピーの原因とされているのが細菌に関しては、湿疹病変から進入した『黄色ブドウ球菌』などといわれています。

 

 

病院などで一般的に行われるアトピー治療は、アトピーの根治ではなくアトピーの症状軽減を目的としています。現代の医療技術ではアトピーの原因となるアレルゲンを特定すること自体が難しくアレルギーの発症そのものを抑えることはできないとされています。

 

ホホバオイルでできるアトピーケア

 

アトピーの様に肌自体が非常に弱く、また炎症が起きやすい皮膚のスキンケアにおいてはアレルギーの原因となる皮膚のバリア機能を回復させることが非常に重要となります。ホホバオイルにはいくつかの種類があります。この中で、生産の効率を上げるため加熱処理で精製されたホホバオイルは有効なビタミ ン破壊されてしまっていますので、効果自体は低くなっています。加熱されていない、非加熱製法で作られているタイプの金色(もしくは黄金色)のホホバオイルは

 

天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどの成分が豊富に含まれています。これらは肌の代謝を促します。また、アトピー性皮膚炎を起こす大きな原因のひとつであると言われている「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つがホホバオイルの中で生き残ることができないことが明らかになりその効果が期待されています。

 

 

ポートエリザベス大学で、ホホバオイルのバクテリア破壊力を研究したところ「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」ことを発表しています。このような研究で知られているとおり、ホホバオイルは、アトピー肌のスキンケアにおいて理想的なオイルとされています。